MD5ハッシュ値の計算

インターネットを利用したメールやhtmlドキュメントは、テキストファイルを利用します。テキストファイルは非常に汎用性が高いのがメリットですが、改竄が簡単なのが欠点です。

ハッシュ関数で処理すると、たとえ原文が1文字変わっただけでも、全く違った値を返します。同じ文章であれば、同じ値になるので、改ざんされたかどうかを知ることが出来ます。この値を添付しておくと、受け取った人も、その文章は、改ざんされていない。と、確認することが可能です。

テキストエリアに文字列を入力すると、その文字列のハッシュ値を計算します。



Deprecated: Function eregi() is deprecated in /virtual/text2html/public_html/misc/hash/index.php on line 58

URLを指定すると、ファイルのハッシュ値を計算します。

ホームページなどが更新(改竄)されているかどうかを判定する事ができます。

URL: